建築の本をつくるしごと

3,240円(本体3,000円+税)
A4 PUR製 56頁 付録A0図面付き
発売日 2019. 03/24
ISBN978-4-274-22349-5
造本デザイン=寺山祐策(寺山祐策事務所)
画像調整=小林則雄(ノアーズグラフィック)
一軒の住宅のための図面集である。

企画のスタートはおよそ3年前。ある建築家と話しをしていたところ、
「昔から考えていたんだけど、学生にはディテール図と断面図が思考としてつながらないんだよね。」
「だから1枚の大きな断面図にディテールもすべて入れ込めば、教育的に本当にいいと思うんだ。」
「用紙はA0くらいで、縮尺は1/10くらいかな。」

目からうろこの発想。とても面白いと思った。
そこからどうしたら「本」になるか、試行錯誤を繰り返した。
そもそも通常印刷するのは四六全判までで、「A0サイズの印刷機なんてあるのか?」...わからなかった。
1年後にそれは見つかり(おそらく日本に数台しかない)、さて、次は「折れるのか?」...わからなかった。
それもできそうだと数週間後、さてさて、その次は「そもそも用紙の規格にA0サイズない...」。
数日後、「そうか、ハトロン判を使えばいい!」と閃いた。

そんな地味な検討を1年半にわたって黙々と続けていた。
そもそもの企画はその間に休止になったのだけれど(笑)、せっかくだからなんとか形にしたい。
そこで出会ったのが、山下大輔さんの「波板の家」。
いまどきめずらしいキューブ型をしていて、学生などには理解しやすいと思った。しかも鉄骨のディテールが素晴らしい。モダニズム初期、パリの地下鉄のようなヌメッとした鉄骨造。

そこから1年間、こうして本は完成した。
  • 住宅設計ドローイング-1
  • 住宅設計ドローイング-2
  • 住宅設計ドローイング-3
  • 住宅設計ドローイング-4
  • 住宅設計ドローイング-5
  • 住宅設計ドローイング-6
  • 住宅設計ドローイング-7

BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家

住宅設計ドローイング


山下 大輔[著] 山岸 剛[写真]

住宅設計ドローイング