建築の本をつくるしごと

定価5,720円(本体5,200円+税)
B4 216頁(観音3組有) 1C刷 OB製
ISBN978-4-274-22648-9
発売日2020.12/23

アートディレクション=工藤強勝
造本デザイン・レイアウト=工藤強勝+前田晶子(デザイン実験室)

プリンティングディレクター=小林則雄(ノアーズグラフィック)
印刷=壮光舎印刷 製本=牧製本印刷
内藤廣さんには最初2種類の企画書をお渡ししました。
内容は同じ「図面集」でしたが、判型が異なる2種類を用意しました。
1つはA4判、もう1つはB4判です。
前者は現実的だけど、完成形が想像できてしまうもの。
後者は非現実的だけど、完成を想像するとワクワクするもの。

仕事は10年も続けていれば「できること/できないこと」は即断できてしまうものです。それは経験によって培われたものですが、一方で「できないと言わない」で検討してみると、これまで見えなかった様々な可能性が見えてきます。後者は私にとってまさしくそういうものでした。

いうまでもなく、内藤さんは「後者」を選びました。
その瞬間、これは人生をかけた挑戦、成し遂げようと覚悟を決めました。

それからはどんな小さなことでも検討に検討を重ねる日々でした。図面のデータ調整には特に苦労しました。
朝から晩まで1週間やり続けた結果、数枚の図面しか終わらなかったときは、さすがに無理だと何度もくじけました。

このとき海の博物館を説明する際、内藤さんがよく用いる「苦心惨憺の末につくりあげた」という言葉がなぜか頭をよぎりました。この仕事は私にとっての海の博物館でありたいと、そう奮い立たせたのです。

同時に若い人や設計者など建築を志すすべての人々に時代を超えて、
勇気を与え続けるものになってほしい。

そんな願いとともに、ありったけの情熱を込めて。
  • 内藤廣設計図面集-1
  • 内藤廣設計図面集-2
  • 内藤廣設計図面集-3

内藤廣設計図面集


内藤 廣[著]

内藤廣設計図面集