建築の本をつくるしごと

2,268 円(本体2,100 円+税)
四六 142頁
ISBN 978-4-274-22213-9
発売日 2018/04
装幀・本文デザイン:相馬敬徳(Rafters
学生時代を思い返し、課題で先生から「スケール感がない」と言われ、「スケール感ってなんだよぉ」と悔しく思った経験をもとに、いまの学生も同じかなぁ、と思いながら作った企画。
初学者が最初に手に取る本であることを想定して、物の寸法を「直感的に掴める」表現に苦心した。
イラストレーターとがっぷり組むのは初めてに近かったが、加納徳博さんの描くイラストがこの本にとても大きな力を与えてくれた。
  • 建築のスケール感-1
  • 建築のスケール感-2
  • 建築のスケール感-3
  • 建築のスケール感-4
  • 建築のスケール感-5
  • 建築のスケール感-6
  • 建築のスケール感-7
  • 建築のスケール感-8
  • 建築のスケール感-9

住宅設計のプロが必ず身につける

建築のスケール感


中山繁信・傳田剛史・片岡菜苗子[共著]

建築のスケール感