建築の本をつくるしごと

2,484 円(本体2,300 円+税)
A5 184頁
ISBN 978-4-274-21438-7
発売日 2013/09
デザイン=刈谷悠三+角田奈央(neucitora)
おそらく過去20年の建築出版メディアにおいて、中山繁信さんがいなければもっと早く衰退していただろう。直接的・間接的に数々のヒットを飛ばし、その功績は大きい。普段は歳が40以上も下の私にさえ敬意をもって接してくれ、誰よりも頭が柔らかく、どんな人にも優しさをもって語られる。一度会うと、誰もがファンになる。

そんな中山繁信さんをもっとも表している文章が本書に収録されている「祖母の家」である。さらに、帝国ホテルをつくった大谷石の石切職人を見て育った経験が、建築家としての原点につながっているように思う。
  • 美しい風景の中の住まい学-1
  • 美しい風景の中の住まい学-2
  • 美しい風景の中の住まい学-3
  • 美しい風景の中の住まい学-4
  • 美しい風景の中の住まい学-5

美しい風景の中の住まい学


中山繁信[著]

美しい風景の中の住まい学