建築の本をつくるしごと

建築について考える

建築について考える

>レビュー

>富士南麓の家

山田誠一(山田誠一建築設計事務所)

渡辺隆(渡辺隆建築設計事務所)

富士南麓の家-1 富士南麓の家-2 富士南麓の家-3 富士南麓の家-4 富士南麓の家-5 富士南麓の家-6 富士南麓の家-7


山田さんにお話をうかがうと、「今回の設計は自然との関係性をつくるための秩序としての幾何学と、光と影の状態をつくる開口部を含めた壁とを結びつけ、建築を構築することを考えた」とのこと。

思い返してみると、過去の住宅建築は住宅街やそれに近い周辺環境にあった。
ここでは、近隣の住宅の在り方を気にすることなく、豊かで旺盛な自然と対峙し、建築としての領域を規定している。一方で、左官仕上げや土間や木製建具など、選択されている素材やディテールは過去の山田さんの建築の延長線上にある。そして、この二つの相性は抜群によかった。

外周を巡り、1階から2階へ、バルコニーへと進んでいくうちに、「富士南麓の家」は、過去の山田さんの住宅建築よりも、八角形の骨格を四角形のボリュームの中に内包させたお堂「毘沙門堂」(2016)に近いのかもしれない、と思った。

「根源的な意味での生と死の祈りの場を思い巡らせながら設計した」というこのお堂は、40㎡弱の小さな建築であるにもかかわらず普遍的で力強く、そして静かに美しい建築である。





「富士南麓の家」は、ご自身としても「ターニングポイントになりそうだ」とおっしゃっていた。現在進行中のプロジェクトの図面も多数見せていただいたが、どれも魅力的であった。今後の山田さんの建築がますます楽しみだ。


ところで、山田誠一さんは静岡県に生まれ、ゼネコンでの現場監督経験を経て公共建築の設計を請け負う地方の組織事務所に勤務したのちに、ご自身の事務所を主宰されている。有名なアトリエ事務所や住宅作家のもとで、いま実現されているような建築を学んだのではない。現場監督時代に「設計の仕事」に憧れて転身、組織事務所で経験を積みながらさまざまな建築に触れ、現在のご自身の設計思想に行き着いた。

建築と向き合う姿勢は常にストイック。スタッフ時代には所属している設計事務所での理想と現実のギャップに悩みすぎて、設計の仕事をあきらめようと思ったこともあるそうだ。なんと、そのときは小説家になろうと、有名な小説家のゆかりの地を旅して回ったりもしたという。

山田さんと会話をしていると、「自分の足元を深く掘り下げていくことしかできない」「幼いころに友人と山を登って見た夕日がいまでもはっきりと心に残っている」「建築をつくる行為は亡くなった懐かしい誰かに出会うような感覚がある」「訪れた龍安寺の理性的な石庭と偶然的な自然との境界に、人間とは違う時間軸を感じて感動した」などとても印象的で山田さんらしい言葉が並ぶ。

今回体験させていただいた「富士南麓の家」をはじめとする一連の建築は、そんな山田さんからしか生まれないものだ。

わたしも静岡県の出身で地元の組織事務所を経て自身の事務所を立ち上げ、活動している。同じような境遇で、これほどまでにストイックに建築に向き合っている仲間がいることは刺激的でいつも勇気づけられている。また、いつでも山田さんの建築を体感できる環境にいることは本当に幸運だ。


富士南麓の家 写真撮影:川辺明伸
毘沙門堂 写真提供:山田誠一建築設計事務所

渡辺隆

渡辺隆(渡辺隆建築設計事務所)

1973年 静岡県磐田市生まれ
1996年 金沢工業大学工学部建築学科卒業
1996~2007年  竹下一級建築士事務所
2008年  渡辺隆建築設計事務所 設立

受賞
イワタノイエ|第26回INAXデザインコンテスト 部門賞
イワタノイエ|第37回中部建築賞 入選
ナオ・ハウス|第43回中部建築賞 入選
ナオ・ハウス|第01回JA東海住宅建築賞 奨励賞
豊岡中央交流センター|第9回静岡県景観賞 最優秀賞
磐田卓球場ラリーナ|第11回静岡県景観賞 奨励賞
山田誠一

山田誠一(建築家・山田誠一建築設計事務所)

1978年 静岡県生まれ
2011年 山田誠一建築設計事務所 設立
2018年 静岡理工科大学 工学部 建築学科 非常勤講師

受賞
富里の家|第2回 JIA東海住宅建築賞 奨励賞
実相寺 毘沙門堂|第26回 AACA賞 奨励賞
加茂の家|JIA東海住宅建築賞2017 奨励賞
実相寺 毘沙門堂|第49回 中部建築賞 入賞
富士南麓の家
所在地 : 静岡県富士宮市
階数 : 地上2階 木造
敷地面積 : 298.05㎡
建築面積 : 48.60㎡
1階床面積 : 44.55㎡
2階床面積 : 40.50㎡
建蔽率16.38% (許容 60%)
容積率28.66% (許容 200%)
軒高 : 6,200mm
建物最高高さ : 7,000mm
構造 : 高橋俊也構造建築研究所