建築の本をつくるしごと

定価2,160円(本体2,000円+税)
A5判 176頁 2色刷
ISBN978-4-274-22362-4
発売日2019.04/25
装幀・デザイン=相馬敬徳(Rafters)
家族や周囲の人から「建築って、なにがそんなに面白いの?」
と聞かれたとき、どう説明すれば分かってもらえるだろう、と
いつも少し困ってしまう。

この本は、そんな「問いかけ」に対する
ひとつの回答になればいい、と考えた。

書名の通り、建築用語を解説した本なのだが、
用語が実際の建築物を呼び寄せ、秘められた技術やストーリー、
関連する人物など、話が多角的に展開し、読んだ人が
思い思いに想像を膨らませることができるように……。

建築に触れる最初の一冊として、本書は完成した。

タイトルに「日本篇」としているように、この企画には続きがある。
来年の春にはお届けできるだろうか。
  • 建築用語図鑑 日本篇-1
  • 建築用語図鑑 日本篇-2
  • 建築用語図鑑 日本篇-3
  • 建築用語図鑑 日本篇-4
  • 建築用語図鑑 日本篇-5

試し読みPDF

建築用語図鑑 日本篇


中山繁信・杉本龍彦・長沖充・蕪木孝典・伊藤茉莉子・片岡菜苗子[共著] 越井隆[イラスト]

建築用語図鑑 日本篇
建築について考える

論考

記事一覧

レビュー

記事一覧