建築の本をつくるしごと

3,024円(本体2,800円+税)
A5 266頁
ISBN 978-4-274-21538-4
発売日 2014/04
造本デザイン=寺山祐策
丹下健三についての本を続けて手掛けたとき、初期の丹下さんの周りにいる人で不思議な人が2人いた。1人は広島平和記念公園のコンクリートを手掛けた道明栄次(前川國男建築事務所)、もう1人は東大・丹下研究室の番頭だった浅田孝である。この二人がいたからこそ、初期の丹下建築が戦後直後とは思えないレベルに到達したのではないか、と勝手に想像していた。そんな疑問が少しでも解ければと、この本では浅田孝の人生を追った。
  • 浅田孝-1
  • 浅田孝-2
  • 浅田孝-3
  • 浅田孝-4
  • 浅田孝-5

つくらない建築家、日本初の都市プランナー

浅田孝


笹原克[著]

浅田孝
建築について考える

論考

記事一覧

レビュー