建築の本をつくるしごと

お知らせ/制作中ブログ
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

新年1発目は、
建築家・高橋堅さん設計の「荻窪の連峰」のレビュー掲載です!
レビューアーは、昨年「10+1」に掲載された論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」が話題となった
立石遼太郎さん(松島潤平建築設計事務所)によるものです。

ぜひ、ご高覧いただけると幸いです。
http://architecturalpride.com/column/荻窪の連峰?c_name=&p_type=main&p_id=

<< 戻る