建築の本をつくるしごと

お知らせ/制作中ブログ
4月29日、『建築ってなんだ?』の出版記念イベントを
二子玉川蔦屋家電にて開催いたしました。

対談前にこの本を読み込んでくれた中村さん。
教育現場にいるとこういう話ってよくあるけど、本になったことはなかったし、
個性や人柄が見えて面白い、と話してくれました。

さらには、自分なら「設計事務所ってなんですか?」という問いを
「どういう設計事務所にしたいですか?」という問いに変換すると述べ、
事務所は大きくしたくない、まちの仕立て屋になりたい、
という話をしてくださいました。



2部では中山さんがドローイングを3枚描いてくれました。
特に3枚目は逆さに描き、最後に反転するというもの。





好文さんは最初歌を歌うのをためらっていましたが、歌詞を紹介するうちに
「やっぱり歌った方がいいね」といって、居住の歌をはじめ4曲も歌ってくれました。



その後の懇親会を含め、長丁場でしたが、
皆さん大変楽しそうに笑っている姿を見て、大変嬉しく思いました。

お越し頂いた方々、オンラインで視聴頂いた方々、
中山さん、中村さん、飛び入り参加くださった著者の
松下さん、柿沼さん、山門さん、長沖さん、誠にありがとうございました。


<< 戻る