建築の本をつくるしごと

お知らせ/制作中ブログ


おとといは、「建築のスケール感」の完成を祝う会/打上げをしました。
著者の中山繁信さん、傳田剛史さん、片岡菜苗子さん、
デザイナーの相馬敬徳さん(Rafters)、作図協力いただいた林はるかさんとともに。

見本が出来て書店に並ぶまでの数日間は、
著者と編集者にとってささやかながら、
ひとつのモノを一緒に作った達成感を共有する有意義な時間です。

会の最後には、
著者はもちろん本に関わってくださった方も含めて寄せ書きするのが
一つの恒例行事となっています。

全員分のサインが入った、
作った本人たちしかもっていない本を1冊ずつ持って帰る。
宝物ですね。



POPダウンロード→Scale_POP

<< 戻る