建築の本をつくるしごと

お知らせ/制作中ブログ
12月にすごい本が出ます!



タイトルは『世界を一枚の紙の上に 歴史を変えたダイアグラムと主題地図の誕生』。著者は武蔵野美術大学非常勤講師で、ダイアグラムや主題地図の研究を続けてこられた大田暁雄さん。19世紀-20世紀にかけて西欧で繰り広げられた「世界視覚化」の軌跡を記したもので、グラフィックデザインのモダニズムといえるものです。

この本の特徴は、以下の3点に凝縮されています。
・科学的グラフィズムの「起源」を明確に示していること。
・その起源は近代デザインのはじまりとされるモリスらよりも半世紀以上先んじていること。
・科学とデザインの結びつきをここまで深く追った本はかつてないこと。

グラフィックデザインの視点からモダニズム期を記した他に類のない書籍であるだけでなく、これまでのデザイン史さえ覆ってしまうかもしれないような、可能性を秘めた本だといえます。ぜひ広くいろいろな分野の方に手に取ってもらいたいです。
2021年12月17日発売! よろしくおねがいします。


<< 戻る