建築の本をつくるしごと


Warning: include_once(/home/users/0/main.jp-4185a9d2e3948cd8/web/books/.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/main.jp-4185a9d2e3948cd8/web/common/tmplt.html on line 87

Warning: include_once(): Failed opening '/home/users/0/main.jp-4185a9d2e3948cd8/web/books/.html' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/users/0/main.jp-4185a9d2e3948cd8/web/common/tmplt.html on line 87
お知らせ/制作中ブログ
今週末24日(日)(一部23日)に
住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家
いよいよ発売となります。

本書は、本体と付録がセットになっています。
本体には、テキストと山岸さん撮影による写真、
各階平面図や立面図、断面パース、ディテールドローイング等が収録されています。
付録は、S=1/15の断面詳細図と平面詳細図がA0サイズの紙に印刷されています。

この大きさは、建築家本人も「制作途中にはじめて見た」というほど。
学生からすれば、自宅や製図室の壁に貼って日々眺めていただくだけで、
プランや断面計画、各種寸法やディテールだけでなく、
「建築家が何を考えて設計していたか」という哲学まで見えてきます。

そんなふうに活用していただく景色を思い描きながら、できあがりました。
ぜひ、楽しんでもらえると嬉しいです!

【波板の家とは――――】
巨匠・鈴木了二を師にもつ山下大輔の「波板の家」(2017)は、
独立当初から計画されはじめ、完成まで7年を要した労作です。
九間を取り入れつつ、半外部空間を大胆に内包した構成やそれらと連動する立面、
構造が建築デザインと一体となりつつ、鉄骨フレームの接合や溶接位置、
基礎部とH形鋼の取り合いとなる柱脚ディテールなど、検討が練り重ねられており
見どころがたくさん。

ご案内遅くなり恐縮ですが、ジュンク堂池袋本店7Fにて
3月末まで「絶対オススメ建築書フェア」が開催中です。

昨年末に開催した渋谷店のフェアが好評だったことから
3月の春休みに学生向けに、というオーダーにお応えするかたちで
50冊規模の大きなフェアになりました。
ひとつの棚に本が収まりきらないため、通常の棚にもところどころでパネルを設けられています。
そのおかげで、全体がいつもより少し華やかになりました。

パネルのイラストはイラストレーターの越井隆さんによるもの。
また、前回に引き続き、内藤廣先生にサイン協力頂き、
内藤さんの著書を集めたコーナーがエスカレーター前に設けられています。










2月出来増刷分が出来上がりました。

『矩計図で徹底的に学ぶ住宅設計[RC編]』≪第3刷出来≫
(中山繁信・細谷功・長沖充・蕪木孝典・伊藤茉莉子・杉本龍彦 共著) 

『住宅設計のプロが必ず身につける 建築のスケール感』 ≪第3刷出来≫
(中山繁信・傳田剛史・片岡菜苗子 共著)

住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家
著:山下大輔
写真:山岸剛

通常、百枚を超えることもある建築図面。
「図面のスケールを大きくディテールまで兼ねて一枚にまとめることができれば、部分と全体を同時に把握できるのではないか・・・」。
そんなアイデアをもとに生まれたのが本書となります。

対象となるのは建築家・山下大輔氏による「波板の家」(2017)。約8.2mキューブのきわめてシンプルなヴォリュームをもつ住宅です。外部のみならず、内部の豊かな空間まであますことなく伝えるため、写真は、『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』を上辞したばかりの山岸剛氏により撮影されています。

本のヴォリュームはコンパクトながら、山岸氏の写真のみならず、造本デザインは寺山祐策氏、画像調整は小林則雄氏と豪華な面々により丁寧に作られています。

(Amazon)https://www.amazon.co.jp/gp/product/4274223493?pf_rd_p=7b903293-68b0-4a33-9b7c-65c76866a371&pf_rd_r=4C3KT93BZQQW9WKTVPVX

#住宅設計ドローイング #波板の家 #山下大輔 #山岸剛 #2019年3月24日発売


さて、この度、「建築のスケール感」の特急重版が決定しました。
年明けよりtwitterをきっかけに想定外の反響があり、12月出来の2刷分もすべて在庫切れになったことから3刷となります。
出来予定は、2月下旬です。それまで品薄状態となりますが、書店にはまだ在庫ございます。宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

新年1発目は、
建築家・高橋堅さん設計の「荻窪の連峰」のレビュー掲載です!
レビューアーは、昨年「10+1」に掲載された論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」が話題となった
立石遼太郎さん(松島潤平建築設計事務所)によるものです。

ぜひ、ご高覧いただけると幸いです。
http://architecturalpride.com/column/荻窪の連峰?c_name=&p_type=main&p_id=