建築の本をつくるしごと

4,320円(本体4,000円+税)
A5 402頁
ISBN 978-4-274-21200-0
発売日 2012/05
造本デザイン=寺山祐策
本書は豊川斎赫さんの博士論文「丹下健三研究室の理論と実践に関する建築学的研究」(2007)をもとに、加筆・修正した書籍である。『メタボリズム・ネクサス』制作中、八束はじめさんとの打合せの際に「豊川の博論は画期的だ」と繰り返し話されていた。造本デザインを担当して頂いた手や山祐策さんからは、編集者の仕事は「まだ世の中に知られていない価値や人を掘り起し、新たな価値として提示する人だ」と教わった。

2011年の秋に思い立って、とりあえず豊川さんに会ってみようと連絡したところ、二つ返事で数日中にくるという。その席で博士論文を渡され、話を伺うと、これまでの丹下像がひっくり返るような驚きがあった。「これは必ず本にしよう」と思った。

そこからは収録されている一つ一つの論文の一文一文を追いかけ、「これはどういう意味ですか」「なぜこういえるのですか」と問いかけた。豊川さんはそれに丁寧に、即座に、答えてくれた。豊川さんからは「こんなに丁寧にこの論文を読んでくれたのは三井さんが初めてかもしれない」と冗談交じりに言われたことを覚えている。そうしてできあがったこの本は、読んでくださるとたくさんの発見や驚きに満ちていて、少なくとも私が感じた驚きは、すべて内包されているものになったと思う。

※2014年日本建築学会著作賞、2015年日本イコモス奨励賞
  • 群像としての丹下研究室-1
  • 群像としての丹下研究室-2
  • 群像としての丹下研究室-3
  • 群像としての丹下研究室-4
  • 群像としての丹下研究室-5

戦後日本建築・都市史のメインストリーム

群像としての丹下研究室


豊川 斎赫[著]

群像としての丹下研究室
お知らせ/制作中ブログ
『住宅設計のプロが必ず身につける 建築のスケール感
(中山繁信・傳田剛史・片岡菜苗子 共著)の2刷増刷分が出来上がりました。

11月18日(日)付けの産経新聞書評欄にて
『建築家夫婦のつくる居心地のいい暮らし』が取り上げられました。

WEBでも公開されております。
https://www.sankei.com/life/news/181118/lif1811180012-n1.html
11月17日(土)より「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」にて、
企画および選書協力いたしました建築書フェアを開催いたします。

買って後悔させない! 絶対オススメ建築書フェア』と題して、今回は、ほぼすべて他社本で選書致しました。主に初学者・一般向けとなっており、「建築に興味をもつきっかけとなる最初の1冊目をご提案したい」と考えました。グループごとに簡単なコメントも付けてあります。

前回は自分の担当書目でフェアを行って頂きましたが、書店の価値を高めるために「フェアの可能性はある」と実感し、「その可能性をもう少し探りたい」という思いで、企画立案の末、開催に至りました。いずれも担当・宮田さんのご理解・ご協力あってのことです。

フェアは通常、対象書籍の中から1冊を選んでもらうものですが、今回は入門編で“間違いない”ものばかりのセレクトですので、学生の方には「もし、この中で自分の本棚にない本はできるだけ揃えてね」というメッセージを込めています。

また、今回、【フェアの大きな目玉】として内藤廣さんの著書4冊(いずれも王国社刊)にご本人からサインを頂戴することができました!!(感激) 
誠にありがとうございます。

内藤さんのサイン入り本は、各5冊限定となっておりますので、
お求めの方はお早めにどうぞ。


この度、2016年に発行した手嶋保さんの『住宅設計詳細図集』の翻訳版が
原著の雰囲気そのままに台湾の出版社(瑞昇文化事業股份)より発行となりました。
手嶋さんとは、同書をもとに新プロジェクト進行中。
後日詳細お伝えします。



さて、丸善 京都本店にて行われております
増補特装版 木造住宅パーフェクト詳細図集』の刊行記念パネル展の写真が届きましたので、その様子をお伝えさせていただきます。
大々的に展開いただいております。お近くの方はぜひ、お立ち寄りください。





『増補特装版 木造住宅パーフェクト詳細図集』の発売に合わせて、
本日、著者の丸山弾さんが直筆POP持参で都内の書店廻りをしてくださっています。
本当にありがとうございます!
書店員の皆様、よろしくおねがいします!!