建築の本をつくるしごと

4,320円(本体4,000円+税)
A5 402頁
ISBN 978-4-274-21200-0
発売日 2012/05
造本デザイン=寺山祐策
本書は豊川斎赫さんの博士論文「丹下健三研究室の理論と実践に関する建築学的研究」(2007)をもとに、加筆・修正した書籍である。『メタボリズム・ネクサス』制作中、八束はじめさんとの打合せの際に「豊川の博論は画期的だ」と繰り返し話されていた。造本デザインを担当して頂いた手や山祐策さんからは、編集者の仕事は「まだ世の中に知られていない価値や人を掘り起し、新たな価値として提示する人だ」と教わった。

2011年の秋に思い立って、とりあえず豊川さんに会ってみようと連絡したところ、二つ返事で数日中にくるという。その席で博士論文を渡され、話を伺うと、これまでの丹下像がひっくり返るような驚きがあった。「これは必ず本にしよう」と思った。

そこからは収録されている一つ一つの論文の一文一文を追いかけ、「これはどういう意味ですか」「なぜこういえるのですか」と問いかけた。豊川さんはそれに丁寧に、即座に、答えてくれた。豊川さんからは「こんなに丁寧にこの論文を読んでくれたのは三井さんが初めてかもしれない」と冗談交じりに言われたことを覚えている。そうしてできあがったこの本は、読んでくださるとたくさんの発見や驚きに満ちていて、少なくとも私が感じた驚きは、すべて内包されているものになったと思う。

※2014年日本建築学会著作賞、2015年日本イコモス奨励賞
  • 群像としての丹下研究室-1
  • 群像としての丹下研究室-2
  • 群像としての丹下研究室-3
  • 群像としての丹下研究室-4
  • 群像としての丹下研究室-5

戦後日本建築・都市史のメインストリーム

群像としての丹下研究室


豊川 斎赫[著]

群像としての丹下研究室
お知らせ/制作中ブログ
現在制作中(2018/10発行予定)のテスト校が印刷所から手元に届きました。
採用予定の本文紙で、本番と同じ機械で印刷されたものです。

この紙は今まで使ったことはあったものの、
4色刷で使ってみたことがなかったため、どのような仕上がりで出てくるのだろうと
心配しておりましたが、思いのほか良く、
1色刷のときにはない、少しヌメッとした印刷面がいい印象を与えてくれます。

このテスト校で出た傾向、
とくにグラデーションの差異の傾向(紙によって、斤量によっても異なる)を
今回はプロフェッショナルにご参加いただいているので、
その方と一緒に読み解き、最終的な着地点を決めていきます。




先にご案内させていただきました
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店にて開催中の
「ずっと手元に置いてほしい 建築家の設計書フェア」ですが、
好調につき、8月末日まで期間延長していただける、とのことです。

ぜひこの機会に、店頭までお越しいただきたくお願い申し上げます。
5月25日に発売した『NIIZEKI STUDIO 建築設計図集』ですが、
6月期のPOSデータが出て、1冊・単月の売上げとしては、
入社以来、これまで担当してきたもののうち“過去最高”を更新しました。
(ちなみに、5月期も過去3位の好成績でした)
ご購入いただいた皆様、誠にありがとうございます。

なお、NIIZEKI本のWeb書誌データをUP致しました。
少し長いですが、この本で伝えたいことを私なりに書いたので、
お時間あるときに、ぜひご高覧ください。
この度、今月出来の「S編」に続き、「木造編」の増刷が決定いたしました。

(9月出来予定)
『矩計図で徹底的に学ぶ住宅設計』
(中山繁信・細谷功・長沖充・蕪木孝典・伊藤茉莉子・杉本龍彦 共著)

累計6刷となります。
ご愛顧いただき、深く感謝申し上げます。


このたび、MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店にて、
小社建築書を揃えていただいた
「ずっと手元に置いてほしい 建築家の設計書フェア」が8月5日まで開催中です。

書店にうかがったところ、パネルの作成前とのことでしたので、
急遽、こちらでパネル作りをお手伝いさせていただきました。

『住宅プランニング図集』の著者でもある
建築家・八島夕子さんに特別協力いただき、
手描きドローイングを採用させていただきました。(たいへん贅沢!)

併せて、1冊ずつに担当者目線でコメントを添えたカードを作成しました。
少しでも楽しんでいただければと思います。

お近くの方はぜひお立ち寄りください。










先に行われました青山ブックセンターのイベントは
おかげさまで盛況にて、無事終了いたしました。
お互いにとてもリスペクトされている様子が話す言葉の行間から感じ取れて
思わず、笑みが出る場面も。とても楽しい話ありがとうございました。
お越しいただきました皆様および
青山ブックセンター本店様、誠にありがとうございました。

5月25日の発売以来、たくさんの方にご協力いただき、
いくつものイベントを開催することができました。
ここに深く感謝申し上げます。