建築の本をつくるしごと

4,400円(本体4,000円+税)
A5 402頁
ISBN 978-4-274-21200-0
発売日 2012/05
造本デザイン=寺山祐策
本書は豊川斎赫さんの博士論文「丹下健三研究室の理論と実践に関する建築学的研究」(2007)をもとに、加筆・修正した書籍である。『メタボリズム・ネクサス』制作中、八束はじめさんとの打合せの際に「豊川の博論は画期的だ」と繰り返し話されていた。造本デザインを担当して頂いた手や山祐策さんからは、編集者の仕事は「まだ世の中に知られていない価値や人を掘り起し、新たな価値として提示する人だ」と教わった。

2011年の秋に思い立って、とりあえず豊川さんに会ってみようと連絡したところ、二つ返事で数日中にくるという。その席で博士論文を渡され、話を伺うと、これまでの丹下像がひっくり返るような驚きがあった。「これは必ず本にしよう」と思った。

そこからは収録されている一つ一つの論文の一文一文を追いかけ、「これはどういう意味ですか」「なぜこういえるのですか」と問いかけた。豊川さんはそれに丁寧に、即座に、答えてくれた。豊川さんからは「こんなに丁寧にこの論文を読んでくれたのは三井さんが初めてかもしれない」と冗談交じりに言われたことを覚えている。そうしてできあがったこの本は、読んでくださるとたくさんの発見や驚きに満ちていて、少なくとも私が感じた驚きは、すべて内包されているものになったと思う。

※2014年日本建築学会著作賞、2015年日本イコモス奨励賞
  • 群像としての丹下研究室-1
  • 群像としての丹下研究室-2
  • 群像としての丹下研究室-3
  • 群像としての丹下研究室-4
  • 群像としての丹下研究室-5

戦後日本建築・都市史のメインストリーム

群像としての丹下研究室


豊川 斎赫[著]

群像としての丹下研究室
お知らせ/制作中ブログ
ご報告が遅くなりましたが、諸々増刷のお知らせです。

(増刷出来(3月分))
『構造設計プロセス図集』 2刷が出来ました。
『建築のスケール感』 4刷が出来ました。

(増刷決定)
『20世紀を築いた構造家たち』 2刷が決定(4月出来予定)。
『構造設計プロセス図集』 3刷が決定(5月出来予定)。
『矩計図で徹底的に学ぶ住宅設計[RC編]』 4刷が決定(5月出来予定)。
『矩計図で徹底的に学ぶ住宅設計』 8刷が決定(7月出来予定)。
『構造ディテール図集』 6刷が決定(7月出来予定)。



4月30日発売予定の
『若手設計者に贈る 木造住宅の手描き詳細図集』
佳境を迎えています。

著者は中村好文さんに師事した建築家・佐藤重徳さん。
佐藤さんは独立してからいまでも手描きで図面を描き続けており、
その仕事は確かなものがあります。

この本では4軒の住宅を取り上げていますが、
収録される図面はすべて、佐藤さんがこの本のためだけに描きおろしてくれました。
一昨年の冬から作業に入り、ようやく日の目を見る直前まで来たところです。

さらに今回、帯の言葉を伊礼智さんにお願いしました。
伊礼さんと佐藤さんは、お互い修行時代からの仲で、
「30年来のライバルだ」といいます。

デザインは山口信博さん。
A4判とサイズが大きく、迫力満点の本になります。
どうぞお楽しみに。
さて、構造家・大野博史/オーノJAPANの初の単著となる
『構造設計プロセス図集』が2020年2月17日に発売となります。


B5判・176p(本文カラー)・オープンバック製本・本体3500円+税
ISBN 978-4-274-22439-3

【概要】
意匠(建築家)と構造(構造家)のせめぎ合いによって生まれる建築の、
計画から最終案に至るまでの「プロセス」に迫った本。


構造は、建築を成立されるために欠かせない重要な要素です。創造的なデザインであっても、重力や地震に抗えなければ建築は建ちません。そんな創造と現実のあいだに立ち、架け橋となるのが「構造プロセス」です。
本書では、建築家との協働の多い構造家・大野博史が、これまで手がけた作品を通して、「設計の過程に建築家とどんなやり取りがあり、構造の可能性をどのように探求していったか」に焦点を当て、計画段階から実現案へと定着させていくまでの「プロセス」を詳細に解き明かしています。スケッチや写真はもちろん、架構詳細図やディテールなども多数収録。構造設計者だけでなく、意匠や設備等設計者や構造の興味のある若い人たちに手に取ってほしい本です。



Amazon予約はこちらから


(新刊のご案内)
『ELEMENTS 5つの建築 5つの断章』 
石川 素樹/著 

四六判・160頁・4色刷・オープンバック製本  
2019年11月17日発売 ISBN 978-4-274-22461-4

デザイン 高階瞬
写真撮影 枦木功・西川公朗
印刷 三美印刷 
製本 牧製本印刷

書店店頭には11月17日(日)に並びます。
ぜひ手に取ってみてほしいです。

よろしくお願い致します。

さて、11月近刊のご案内です。

『ELEMENTS 5つの建築 5つの断章』
石川素樹 著 四六判 160頁 オールカラー オープンバック製本

が11月17日に発売となります!!



目次
1 対話/中央の家
2 観察/南荻窪の家
3 全体/望月商店
4 過程/桜丘町のビル
5 細部/西参道テラス

5つの建築を題材に、建築を設計する際の思考の変遷を1冊にまとめました。
各章はテーマとごとになっていますが、1冊を通して読むと、
建築のすべてが詰まっている、そんなことを感じられる本です。
美しい写真も満載です。

ぜひお楽しみに。


10月10日に銀座 蔦屋書店で行われたトークイベントは、
大盛況のうちに終了しました。
お越しいただきました皆様、誠にありがとうございました。

手嶋さん、新関さんとの下打合せでは
これまでの慣例的ではない創造的なイベントにしたい、ということで
作戦を練りましたが、イベント持ち時間の1時間半の中で
確定した部分は特になく、企画した私は「本当にうまくいくのか」
大変心配しておりました。笑

なんといっても、お二人とも自らは積極的に話さないけれど
「質問されれば真摯に答えます」という共通点。
司会をするべきかと、質問だけはたくさん用意しました。

当日、開始早々に想定していた流れを一切気にすることなく
ちがう話をはじめる手嶋さん。内心慌てる私。
新関さんから後で聞いたところ、
「今日はそういう日だと思った」と言います。

新関さんが問題を投げかけ、手嶋さんが応える。
その一言一言が重く、ずしんと入ってくるものでした。
終わってみれば、2人の対話だけで1時間半展開。

皆さんから「とても面白かった」「サロンのよう」
「もっと聞いていたかった」など好評でした。
打上げにも20名を超える方に参加いただき、愉しい夜となりました。

このように喜んでいただけるならば、また企画を練りたいと思います。
ありがとうございました。