建築の本をつくるしごと

4,320円(本体4,000円+税)
B5 256頁
発売日 2018. 5/25
ISBN978-4-274-22214-6
装幀・本文デザイン=石曽根昭仁(ishisone design
ある日、構造家多田脩二さんから「新関謙一郎さんっていう建築家ご存知ですか」といわれ、紹介していただいたのがきっかけとなっている。多田さんはそれまでに私が手掛けた本を見てくれていて、「新関さんとやったらおもしろい」と思って推薦してくれたのだろう。会ってすぐ分かった。この人はすごい建築家だと。
この本は、図面集というお題に対して、新関さんが出した回答である。
イメージは料理本と重なる。素材や調理法などが一体となったものが料理であって、それも建築は同じではないか。空間はどういう素材で、どのようにつくられ、暮らしやすいプランニングであるか、光がどのように入るか、植栽はどのようで大雨の日に流れ落ちてこないか、などが緻密に考慮され、それらが混然一体となっているものである。
空間を伝える写真は、料理の写真がおいしそうに見えるかどうかが重要であるのと同様、何かおもしろそうだと興味や関心をそそるものであればそれでいい、と考えた。もし、空間のつくり方が知りたければ、レシピ=図面を見てほしい。そこに素材や寸法、ディテールまで書いてある。最初は写真だけでもよくて、10年後くらいに思い出したように図面を見返してくれればそれでいい…。そんな願いが込められている。
 
このような構成にすることに不安がなかったわけではない。でも、これでよいと確信がもてたのは、実際に新関謙一郎さんの建築をいくつも見ることができたからだ。一目見て、そのあまりの美しさに息を呑んだ。一転、内部空間になるととても居心地がよかった。数段の高さ変化や奥に導くような光、展開の妙に思わずうなった。と同時に、いずれのクライアントも素晴らしく住みこなしていた。あるクライアントは、「住んでいると、新関さんが打ち合わせのときに話していたことがスッと理解できるんです。完成する前はよく分かっていなかったのですが、日々、新関建築の哲学を感じるんです」と仰っていた。

それ以降、迷うことなく、あの体験をどのように本に伝えられるか、という一点に絞って試行錯誤していたように思う。

この本をつくれる幸運に感謝し、
こういう本をつくるためにこの仕事を選んだのかもしれない、と
いま思っている。
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-1
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-2
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-3
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-4
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-5
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-6
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-7
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-8
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-9
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-10

NIIZEKI STUDIO 建築設計図集


新関謙一郎[著]

NIIZEKI STUDIO 建築設計図集
先週金曜日は著者の丸山さんとともに製本所の立ち会いへ。
製本まで立ち会うことはほとんどないが、今回は特装版のため貴重な機会をいただく。
本文を折って糸かがりした後に背固めし、表紙(表裏両面)を糊付け、断裁して完成だが、表紙の糊付けは完全手作業であることや、工程ごとに糊を乾かすために1日ずつ時間を置くため、本当に手間暇かかる作業。丁寧に製本されていました。
本づくりとは、本来こういうものだよな、と思える感動的な体験。







このたび、今年4月に発売となった
『建築のスケール感』の増刷が決定いたしました。

ご愛顧いただきました皆様には深く感謝申し上げます。
引き続き、好調を維持していますので、
お手に取っていただけると嬉しく思います。

このたび、10月20日(土)より「丸善 京都本店」にて、
新刊『増補特装版 木造住宅パーフェクト詳細図集』の発売に合わせて、
刊行記念パネル展”を開催いたします! 

建築書棚の隣にA2サイズの大きなパネルが並ぶ展示となります。
現在鋭意パネル制作中。よろしくおねがいします。

丸善 京都本店HP
http://www.bal-bldg.com/kyoto/maruzen.html












本日、新刊『建築家夫婦のつくる居心地のいい暮らし』の見本が手元に届きました!
八島さんたちのふだんの暮らしぶりや人柄まで伝わる、やさしい仕上がりの本になった思います。発売は、10月13日(土)です。

“住宅の設計を続けるうちに、また日々の生活に工夫を重ねる中で、いつからか私たちなりの「居心地のいい暮らし」について考えるようになりました。
建築家として伝えられる暮らしの楽しみ方を、これまで設計した住宅や自邸のエピソードを交えながら、手描きのスケッチ・写真と共に語っています。” (八島正年)
                           
*なお、Amazonではすでに予約受付中です。よろしければぜひ。
https://www.amazon.co.jp/建築家夫婦のつくる居心地のいい暮らし/
-------------------------------------------------
『建築家夫婦のつくる居心地のいい暮らし』
八島正年+八島夕子 著
四六判 192ページ 10月13日発売 本体1900円+税 
 

先週末から3日間、怒涛の印刷立ち合い。
刷り出しを見ながら色味の確認をしていく仕事。
印刷直後というのはどんな紙でもインクが載った面がキラキラしていて美しい。でも時間が経てば経つほどインクは紙に染み込むので、どんどん状態は変化していく。変化がほぼ止まるその状態がどういうふうであればいいかを逆算して、オペレーターと相談しながら、結果、「これでいきましょう」とOKを出す作業。
でも、最終的にどうなるかを正確に把握することは難しい。だからいつも胃が痛くなる。刷り出しを持って帰ってきて、毎日状態の変化を見ては自問自答する日々。それでもこのたった1・2日間の印刷で本の骨格のほとんどが決まってしまうから、印刷所には無理を承知でお願いし、必ず立ち会わせてもらっている。








今週末の10月6日(土)より、三省堂書店名古屋本店にて、
「建築家の設計書フェア」を開催致します。

同フェアではこれまで、すべての対象書籍に担当者コメントを付けておりましたが、加えて今回、たくさんの著者から直筆メッセージを寄せていただくことができました!! (開催後も少しずつ増えていく予定)

これまでにあまり見たことのない、華のあるにぎやかな建築書フェアになっていると思いますので、お近くの方はぜひ、お店の方まで足を運んでいただけると幸いです。よろしくお願いします。

≪三省堂書店 名古屋本店≫ 
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
タカシマヤ ゲートタワーモール8F @工学書企画棚
URL:http://nagoya.books-sanseido.co.jp/shop