建築の本をつくるしごと

4,320円(本体4,000円+税)
B5 256頁
発売日 2018. 5/25
ISBN978-4-274-22214-6
装幀・本文デザイン=石曽根昭仁(ishisone design
ある日、構造家多田脩二さんから「新関謙一郎さんっていう建築家ご存知ですか」といわれ、紹介していただいたのがきっかけとなっている。多田さんはそれまでに私が手掛けた本を見てくれていて、「新関さんとやったらおもしろい」と思って推薦してくれたのだろう。会ってすぐ分かった。この人はすごい建築家だと。
この本は、図面集というお題に対して、新関さんが出した回答である。
イメージは料理本と重なる。素材や調理法などが一体となったものが料理であって、それも建築は同じではないか。空間はどういう素材で、どのようにつくられ、暮らしやすいプランニングであるか、光がどのように入るか、植栽はどのようで大雨の日に流れ落ちてこないか、などが緻密に考慮され、それらが混然一体となっているものである。
空間を伝える写真は、料理の写真がおいしそうに見えるかどうかが重要であるのと同様、何かおもしろそうだと興味や関心をそそるものであればそれでいい、と考えた。もし、空間のつくり方が知りたければ、レシピ=図面を見てほしい。そこに素材や寸法、ディテールまで書いてある。最初は写真だけでもよくて、10年後くらいに思い出したように図面を見返してくれればそれでいい…。そんな願いが込められている。
 
このような構成にすることに不安がなかったわけではない。でも、これでよいと確信がもてたのは、実際に新関謙一郎さんの建築をいくつも見ることができたからだ。一目見て、そのあまりの美しさに息を呑んだ。一転、内部空間になるととても居心地がよかった。数段の高さ変化や奥に導くような光、展開の妙に思わずうなった。と同時に、いずれのクライアントも素晴らしく住みこなしていた。あるクライアントは、「住んでいると、新関さんが打ち合わせのときに話していたことがスッと理解できるんです。完成する前はよく分かっていなかったのですが、日々、新関建築の哲学を感じるんです」と仰っていた。

それ以降、迷うことなく、あの体験をどのように本に伝えられるか、という一点に絞って試行錯誤していたように思う。

この本をつくれる幸運に感謝し、
こういう本をつくるためにこの仕事を選んだのかもしれない、と
いま思っている。
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-1
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-2
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-3
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-4
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-5
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-6
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-7
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-8
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-9
  • NIIZEKI STUDIO 建築設計図集-10

NIIZEKI STUDIO 建築設計図集


新関謙一郎[著]

NIIZEKI STUDIO 建築設計図集


10月中旬に建築家・八島正年さん+八島夕子さんの
『建築家夫婦のつくる居心地のいい暮らし』が発売となります。

横浜に自邸兼事務所が出来てからというもの、設計業の傍ら、
それまでよりも「自分たち自身の暮らしも大事に考えるようになった」といいます。
そして、「いつの頃からか、自分たちの設計した住宅を通して
[暮らし]についての本をまとめてみたい」、と考えるようになりました。

本書は、そのような思いが形になったもので、
八島さんたちとは『住宅プランニング[間取り]図集』に続き、2冊目となります。

設計した家のことや、自邸にまつわる日常的なエピソードとともに
スケッチや写真が添えられた読み物です。
時に頷き、時々笑える、そんなの一冊となっています。




10月下旬に建築家・丸山弾さんの
増補特装版 木造住宅パーフェクト詳細図集』が刊行になります。

前著(通常版)の「知りたいディテール満載!木造住宅パーフェクト詳細図集」(2015/04)から判型を大きくA4判に変更し、構成やデザインを一新。
新たに住宅3軒分を追加した増補特装版です。

造本の魅力を最大限に引き出すこと、伝えること――。
これが今回最もこだわった点であり、新しい大きなチャレンジです。

詳細情報は後日改めてお伝えしたいと思います。
これから1・2週間が本づくりの追い込み時! 頑張ります。
この度、日本建築学会の学会誌である「建築雑誌」2018年9月号の
「特集 建築書をつくるのは誰か」に寄稿しました。

これまでのことをとても短くまとめています。
拙作ですが、よろしければご覧ください。




「矩計図で徹底的に学ぶ住宅設計」の増刷が出来上がりました。
今回で6刷になります。

引き続き、ご愛顧いただきますよう宜しくお願い致します。


この度、「構造ディテール図集」の増刷が決定いたしました。
5月に4刷出来たところですが、引き続き好調により、増刷となります。

(11月出来予定)
納まりのしくみを徹底解剖 構造ディテール図集
(山田憲明・多田脩二 共著)

累計5刷となります。
ご愛顧いただき、深く感謝申し上げます。
現在制作中(2018/10発行予定)のテスト校が印刷所から手元に届きました。
採用予定の本文紙で、本番と同じ機械で印刷されたものです。

この紙は今まで使ったことはあったものの、
4色刷で使ってみたことがなかったため、どのような仕上がりで出てくるのだろうと
心配しておりましたが、思いのほか良く、
1色刷のときにはない、少しヌメッとした印刷面がいい印象を与えてくれます。

このテスト校で出た傾向、
とくにグラデーションの差異の傾向(紙によって、斤量によっても異なる)を
今回はプロフェッショナルにご参加いただいているので、
その方と一緒に読み解き、最終的な着地点を決めていきます。